ジョイコンのボタンがベタベタした時の掃除方法を紹介!

ジョイコンのボタンがベタベタした時の掃除方法を紹介! エンタメ

最近は家に引きこもってスイッチをしまくってる。

そんな休日を過ごしている人も多いと思いますが、連日スイッチをしていたら気になるのがジョイコンのボタンのベタベタ…。

表面的にもベタベタしてるし、押した時もボタンの底の部分がベタベタしてるような気がする…

そもそもコントローラーの掃除ってどうすればいいの?って方のために今回は「ジョイコンのボタンがベタベタした時の掃除方法を紹介!」としてお送りします。

 

スポンサーリンク

ジョイコンのボタンがベタベタする原因は?

スイッチのジョイコンに限らず、ゲームのコントローラーのボタンって長年使ってるとどうしてもベタベタしがちですよね。

独特のベタベタ感が出てくるとゲームがプレイしにくくなってきますし、なによりそのベタベタ感が気になってゲームに集中できない!

そもそもなぜスイッチのジョイコンのボタンはベタベタしてくるんでしょうか?

主な原因は手垢や手汗などが原因です。

スマブラやモンハンなど対戦型のゲームをしているとついつい熱中してしまい、緊張から手汗が異常に出てたなんて経験がある人は多いのではないでしょうか。

スイッチのジョイコンのボタンのベタベタは、あなたがそれほど白熱した戦いを積んできたという証でもあるわけですね笑

 

ジュースやお菓子でベタベタしてる?

ジョイコンのボタンがベタベタしている原因は手垢以外にもあります。

みんなでワイワイするオンラインゲームの場合、ジュースやお菓子などをつまみながらジョイコンボタンをポチポチしている人も多いでしょう。

お菓子をつまんではボタンを触る、またお菓子つまんではボタンを触るってしてるとジョイコンのボタンがベタベタするのも当然ですよね。

お菓子をつまんだ後はティッシュで拭いてからジョイコンを触るようにしてたとしても、スナック菓子の油分は完全に拭き取れてないもの。

少ない油分がたまり溜まった結果、ジョイコンのボタンがベタベタするという結果になってしまっているんですね。

またゲームに集中するあまり、うっかりジュースをこぼしてしまいジョイコンにかけてしまったという人も少なくありません。

ジュースをかけてしまったけどジョイコンは普通に動くからとそのまま使ってる人はいませんか?

しっかりと拭いたけど、拭いきれなかったジュースに含まれてる糖分がジョイコンのボタンについたままになっていて、それがベタベタの原因となっています。

 

スポンサーリンク

ジョイコンのボタンベタベタの解消方法は?

そんなベタベタなボタンの状態でジョイコンを使い続けるのがストレスになっているからこそ、このページをご覧いただいてるんだと思います。

ここからはジョイコンのボタンベタベタと解決する方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

ジョイコンのボタンを掃除する

ジョイコンなどコントローラーの掃除を定期的に行うことがベタベタ解消の一番の方法です。

とはいえコントローラーのお掃除方法ってどうすればいいの?って思っちゃいますよね。

まずは歯ブラシなど硬めのブラシを使ってジョイコン全体をまんべんなくブラッシングしていきます。

この際、ボタンはもちろんですがその他にも細かい溝の部分やボタンの隙間に詰まってる手垢や皮脂なども念入りに取り払うのがポイント!

全体的にブラッシングが終わったら、ベタベタの原因である油分を取り除いていく作業になります。

自宅にあるキッチンタオルに無水エタノールを染み込ませて、ボタン部分をしっかりと拭き取ってください。

無水エタノールはその名の通り水分がほぼ含まれておらず、アルコール濃度が非常に高いエタノールなので、一瞬で蒸発するのが特徴。

普通の消毒液などでもジョイコンの掃除はできるのですが、無水エタノールと違って水分量が多いため、すぐに蒸発はしません。

また使用量を間違えると濡れたままになってしまい、故障の原因にもなりかねませんので、ジョイコンの掃除には無水エタノールを使用することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ジョイコンのスティックのベタベタを解消するには?

ボタンがベタベタしている方はきっとスティックのベタベタも気になっているはず。

ジョイコンのスティックもボタン同様に掃除をすれば解消されますがその掃除を定期的にするのは面倒くさいって思う方も多いですよね。

1度だけの掃除ならまだしも、定期的にってなると気が引けてしまうのが人間の性ってもんです。

そんなめんどくさがりなあなたにおすすめなのが、カバーを使ってベタベタを封印してしまうという方法!

スティックカバーとスイッチの本体カバーがセットになっているものが多く、価格帯も無水エタノールとそんなに大差があるわけではないので、ぶっちゃけカバーを購入した方がベタベタ問題を手間をかけることなく解消することができます。

掃除は面倒くさい、継続する自身がないという方はスティックカバーがセットになっているスイッチのカバーを購入することをおすすめします♪

 

スポンサーリンク

ジョイコンのボタンがベタベタした時の掃除方法を紹介!まとめ

ということで今回は「ジョイコンのボタンがベタベタした時の掃除方法を紹介」としてお送りしました。

ジョイコンは手垢やお菓子などが原因でボタンやスティックがベタベタしがち。

そのまま放置しておくとジョイコンのボタンの反応が悪くなってしまいますしなによりもストレスが溜まっちゃいます。

無水エタノールを使った定期的な掃除、もしくはカバーをつけるなど自分に合った解消法を見つけてスイッチライフをエンジョイしてくださいね。

スポンサーリンク